ホームページ更新されないとんでもない事件

ホームページを更新したのですが、クライアントはパソコンでホームページを見てもホームページが更新されていないという時の珍しいトラブルです

何年か前にお客様のホームページの更新作業を頼まれ、作業をし更新をしました。

もちろん事務所でサイトをチェック、更新されているのを確認をしてお客様にその旨の連絡をしました。

ところがお客様からはホームページが新しく変わっていないという苦情。

そんなはずはありませんと返答をして、お使いのパソコンのキャッシュクリアなど色々していただきました。

ところが結論的には一向に変わらないということなんです。

そんなバカなということで、実際にそのお宅にお邪魔をしてチェックしたところ確かに変わっていないんです。

おかしいと思い私の持参したノートパソコンで確認してみても確かに新しいページは出ず古いホームページが表示されてしまっているんです。

これはもうプロバイダーのサーバーしか考えられないということで契約プロバイダーに電話連絡をして確認をしました。

ところがプロバイダーの担当者はちゃんとサイトは変わっているという返答なんです。

このプロバイダーは大手のプロバイダーなので日本全国に中継点があります。

しかし実際に変わっていないので苦情を何回も言いましたけれども、大丈夫という返答でしたが、あまりにも私が何回も絶対に間違いないということを言いましたら、専門の担当者に代わるということで、専門の技術者と話をすることができました。

その技術者が全てのチェックをしていただいたら、クライアントの近所にある中継しているところのキャッシュが 調子が悪く新しいデータが入ってきていないということでした。

すなわちそこの中継しているところのキャッシュの古いデータが表示されるということなので、ホームページは更新されているのですが、そこのキャッシュが変わらないために古いホームページが表示されたということになります。

すぐにその技術担当者が修理してくれてしばらくしてすぐに正常に戻りました。

最近はこんなことはほとんどありえないと思いますが、以前そういう経験をしました。